Wi-Fi ホームルータ PA-WG2600HG 2 が爆速だった!

Wi-Fi ホームルータ交換したら爆速に!

Wi-Fi ホームルータを購入してきたのですが、通信速度が爆速になったので紹介したいと思います。
まずとにかくビックリです。
あくまで我が家での使用環境ですが、予想以上にスピードアップに驚いています。

正直ここまでに Wi-Fi 環境が良くなるとは思っていませんでした。

なんせ最初が最初でしたから。。。
こちらのルータ前モデルでの評判が良かったので購入することに決めました。
2016年10月に発売されたばかりの新モデルになります。

20161119_829068

スポンサードリンク



モデル構成
・PA-WG2600HP2
・スタンド
・カバー
・ACアダプタ
・ETHERNETケーブル(LANケーブル)1本
・つなぎかたガイド(保証書含む)
・ Wi-Fi 設定カード
私の購入価格
21,900円  5%引き(家電量販店にて)

購入に至った経緯

今までもまぁそれなりには自宅でスマホとタブレットで動画を見たりするのにそれ程困るとは思っていなかったんですが、やっぱり何かダウンロードする時とかは多少遅いと感じていました。
また動画も困らないにしてもハイビジョンにするとカクカクしてしまうことがあって画質を落として見たりすることもありました。
Youtube等の動画を見てる際は、ハイビジョン画質にしていると、赤い再生の進捗バーとダウンロード具合のグレーのバーがあると思うのですが、そこがいつ止まってしまうのか追っかけっこを気にしながら見ている状態でした。。。

以前の Wi-Fi 環境では、こんなもんしか速度出ていませんでした。。。

20161119_829073

※こちらはiPhone6s Plusでの測定結果です。
iPad Proも同じような速度でした。

今日改めて久しぶりにスピードテストをして、がっかりの速度だったもんで、もうWi-Fiルータ新調するしかないと決断しました。

Wi-Fi ホームルータ外観

20161119_829069

ツヤツヤピカピカでカッコイイです♪
全体的に高級感がある感じです。(個人的な思い込みかw)

20161119_829070

付属のアタッチメントを取り付けると、このように縦置きにすることが出来ます。
アタッチメントを付ける箇所は、むき出しになっている箇所があるのですぐに分かると思います。

20161119_829071

更にアタッチメントの位置を変えると、横置きにすることも出来てしまいます。
横置きにする場合は別な箇所に蓋が付いているので、それをまず外して、縦置きのアタッチメントを付ける場所に蓋を付け替えてから付属のアタッチメントを付ける感じです。
この横置き何でしょう、UFOみたいな形で意外にカッコイイと思ったんですが、我が家の設置環境だと縦置きにする事にしました。

20161119_829074

背面はこんな感じです。
LANスイッチングが4つ、WAN端子、USB端子も付いています。
USB端子については、ここにHDDを接続すればNASシステムとしても使えそうです。
(USB3.0になります)

※NASとは、ネットワークに直接接続し、コンピュータなどからネットワークを通じてアクセスできる外部記憶装置(ストレージ)。企業や家庭内のLANで共有ファイルなどの保存に利用されたり、デジタルレコーダ類が動画の保存先として利用したりする。

スポンサードリンク



接続も簡単
ケーブル類等を設置したら、いよいよスマホやタブレット、その他無線LAN機器との接続ですが、これがほとんど悩むことなく簡単に出来てしまいました。
付属の取説の通りに進めて行けば、悩むことなく設定が出来ます。
スマホやタブレットは取説に書いてあるQRコードリンク先からアプリをダウンロードして、そのアプリを起動して付属の専用QRコードを読ませるだけでした。(付属に小さいカードが付いており、そこに大きなQRコードがあります。)
あっと言う間に完了しました。簡単簡単♪

次にプリンター、テレビ、PS4等はルータ本体にある、「らくらくスタートボタン」を接続機器側の画面の手順に従って押すだけで設定完了です。
特に設定は迷うことなく簡単にすることが出来ました。

PCについては後日MacBook Proが届いてから設定予定です。
こちらも Wi-Fi での利用になると思いスピードアップ検討に至った理由のひとつです。

そして設定完了後のスピードテスト結果!!

20161119_829075

どうですか、このスピード!!
まぁもっと早く出てる方もいるのかもしれませんが、最初に紹介していたスピードからこの上がり方ビックリです。

下り 18Mbps → 397Mbps
上り 95Mbps → 348Mbps

※こちらもiPhone6s Plus と iPadほぼ同じ速度が出ました。
また測定は何回も繰り返して実施しましたが、平均で下りが300~400、上りが350~400ぐらいでした。

今回家電量販店で21,900円の5%引きで購入して来ましたが、正直結果が出るまで無駄使いになりそうでドキドキしていましたが、結果本当に買って良かったです♪
一応買うにあたってはネットで今回の機種または前機種の評判を色々確認し、家電量販店でも専門のスタッフの方にかなり相談させてもらい購入しました。

これで Wi-Fi 環境もばっちりとなりました。

ちなみに以前使っていた無線LANルータも一応11ac対応だったので、そんなに効果は出ないだろうと言う不安があったので、お店のスタッフさんに聞いたところ、やはり値段相応の効果は得られると思いますよとハッキリ言ってくれたので、勇気を出して購入した訳です。

※今回の通信速度結果は、接続機器側も11ac対応機器での結果となります。
※11ac規格
2014年1月に正式制定されたWi-Fi 規格「IEEE802.11ac(以下11ac)」。この最新規格では、それまで主流となっていた11n(理論速度 600Mbps)に比べて約11.5倍もの高速通信が可能になり、スマホ、タブレット、PCも驚くほどサクサクつながる5GHz帯・高速 Wi-Fi の世界。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です