プレミアムフライデーとは!? 実際どうなの???

いよいよプレミアムフライデーが始まる!?

何かと話題となっているプレミアムフライデーですが、じゃぁ一体どうなの!?ってとこですよね。。。

テレビのニュース等でも色々話題としてあがっていますが、あまり実感がないプレミアムフライデー。。。

じゃぁ一体何なのか、その辺を今回は自分なりに(あくまで自分なり)に考えてみたいと思います。

スポンサードリンク



プレミアムフライデーって!?

まずプレミアムフライデーって一体何なの!?ってとこですが、

毎月最終金曜日は、サラリーマンは午後3時で仕事を切り上げて、趣味や買い物、それから旅行にとお金を使ってもらい消費を促そうと言うものらしいです。

その開始がいよいよ今月末2月24日に第一回目となるそうです。

なんですが、実際どうなんでしょうかね、そんなにどこの企業も右へ倣えで実施するのか!?

ちなみにうちの会社はそんな話題全くないです。。。

実際、プレミアムフライデーを導入する企業に働いている人は、全体の2.2%だそうです。。。

ほとんど一部の大企業のみってとこでしょうね。

実際のところはどうなんでしょうか!?

じゃぁ実際本当にみんな毎月末の金曜日を午後3時で上がって、買い物や食事に家族で出掛けたり、映画を観に行ったりを手放しで喜んで出来るもんなんでしょうかね???

スポンサードリンク



ちなみに、DeNAトラベルさんが行ったアンケート調査(2017年1月)では自分が働く企業がプレミアムフライデーを導入する予定がないと回答した人が55%で、先程述べた導入済みまたは導入予定の計2.2%を大きく上回っているという結果だったようです。。。

この状況からも全然盛り上がっていないと感じます。

一方サービス業としては、今回の施策には大きく期待しているんではないでしょうかね。

各店舗でもプレミアムフライデーにちなんだサービス展開を色々考えてきているようです。

但し、冒頭の通り、実際私の会社でも全くプレミアムフライデーの話題は出ていませんし、当面導入される予定もないでしょう。。。

また第一生命経済研究所の調査によると、企業全体がプレミアムフライデーを導入した場合の経済効果は、1236億円と試算しており、一部企業の場合は、135億円の経済効果と試算しているようです。

この事からも、経済効果としては国としてもっと導入に対するフォローをして企業全体で盛り上がるようにして行かないと効果が低いままで終わってしまいそうな気がしますね。。。

実際導入したら問題はないのか!?

じゃぁ実際、私の会社等でも導入したらどうなるんだろうと考えてみました。

まず午後3時で上がれる、これだけ考えたらめっちゃテンション上がりますねw

がしかし、本当に午後3時で上がって仕事は大丈夫なの?
結局、翌週にその分残業しまくって対応しなくちゃならなくなるんじゃないの?

どんな状況でも帰れるの?。。。そんな訳行かなくなるでしょうね。。。

仮に帰れたとして、「さぁ出かけよう!」「買い物してこよう」

そんな余分なお金我が家にはないです。。。
結局、プレミアムフライデーで喜んで買い物に行ったとしても、その後節約の毎日が待っていそうです。。。

これじゃあまり意味がないプレミアムフライデーになりそうな気がします。

まぁ考えとしては消費者側が色々なところで消費をしてくれれば、それが回り回って企業の収益にも繋がって個人の給与も上がっていくって事になって、経済が良い方向にグルグル回ってくれればいいんでしょうが。。。

そうどの企業も上手く効果が得られるとも思えないですしね。
まずは先立つ物が何とかならないと、結局プレミアムフライデーになっても家でゴロゴロして終わってしまいそうです。

さてまずは第一回目のプレミアムフライデーでどんな状況になるかでしょう。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です