フィット GE8 BOSCHのホーン取り付け!

2012年に取り付けたホーンについて

愛車のフィットを購入後、ほぼすぐに取り付けを実施したBOSCHのホーン、ラリーエボリューションについて載せたいと思います。

自分で取り付けを実施したんですが、まだこの手の記事に慣れていなくて、一部画像等が抜けてしまってたりしますが、参考になればと思います。

スポンサードリンク



実際に取り付けてみました!

いきなり画像を撮るの忘れてしまったんですが、まずはフロントグリルを外して、純正のホーンを外します。

外すとフィットのフロントはこのようになっています。

また今回はホーンハーネスセットと言うキットを購入してそちらも取り付けを実施しました。
画像で既に中身を出してしまったあとですが、全て揃っているので非常に簡単にホーンを取り付けることが出来ます。

ちなみにフロントグリルを外した画像は既にホーンハーネスセットを取り付けて配線を通している状態です。

リレーからの線をバッテリー+側に接続、このままでは赤いカバーが付けられなくなり、少し端子を折り曲げました。
逆にすれば良かったのかなw
一応-側は外して作業。

スポンサードリンク



リレー配線が完了すればあとは、ホーン本体をボディに取り付けて完了です。

このホーン本体の取り付けですが、上手く取り付けられる場所を見つけられなくてバランスが悪い取り付け状態になってしまいました。。。
まぁフロントグリルを付けてしまえば隠れるのであまり気にしなくてもいいかなぁと思い、そのままにしてしまいました。。。

このあと配線関係の余長を上手くスタイル取りするのに結構苦労しました。。。

フロントグリルを取り付けて完成です。

クラクション鳴らすとかなりいい音になったので気持ちいいです♪

番外編

先程完了時にフロントグリルを取り付けて完成ですと書きましたが、私の愛車フィットには純正グリルじゃなくて、無限のグリルを最初から付けてもらっていたので、通常はRSのエンブレムが付いていません。
しかし物足りなかったので、自分で純正から外して取り付けたんですが、取り付け位置がイマイチ納得出来なくて、結局再度フロントグリルを外して、RSのエンブレムを付け直しました。

付け直した画像がこちらになります。

最初に付けた向かって左側より、再度付け直した向かって右側の方が純正位置とほぼ同じでカッコイイかなぁと自分で納得しました。

とこんな感じでこれから徐々に過去の車弄りネタを載せて行く予定です。
しかしブログにするんだったら、今更ながらもっと色々分かりやすい画像を残しておくべきだったなと反省。。。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です