Macbook Pro Touch Bar の表示

主な Touch Bar の表示

Macbook Pro 15インチ Touch Bar モデルを購入して約1周間が経過しましたが、WindowsからMacに切り替えての操作等に色々戸惑ってはいるものの、概ね使いやすさに馴染んで来たところです。
そんな中今回は、Touch Bar の主な表示形式についてレビューさせてもらいたいと思います。

そう言う意味では、私の場合このタイミングでMacに切り替えたのは、今までMacを使っていない分、純粋にTouch Bar を使っているのかもしれません。

スポンサードリンク



Safariの場合

img_3234
新規ページをお気に入りに設定していると、Touch Barのところには自分がお気に入りに登録しているサイトがロゴ等で表示されます。
あとは自分の開きたいサイトをタッチするだけなので、マウスのカーソルを移動させる手間が省けてしまいます。

img_3223
更に色々なサイトを開いて行くと、タブがいくつも出来てくると思いますが、そのタブで開かれているサイトがTouch Barのところに表示されます。
少し小さくてどんなサイトかは見づらいかもしれません。
ただこちらもイチイチタブのところにカーソルを移動して選ばなくても、Touch Barにタッチするだけでサイトを選べてしまいます。

メールアプリ

img_3224
メールアプリの場合はこのような表示がされますが、私の場合今のところ特に使っていないですねw
ただこちらも恐らく使い方によってはタッチするだけで便利に使えるのだと思います。

写真

img_3225
写真アプリは、単純に写真がTouch Barに並ぶんでそれはスライドさせながら表示させることが出来て、個人的には便利と言うか面白くてついついスライドさせたくなってしまう感じですw

カレンダー

img_3226
単純に月が表示されるだけなので、見たい月をタッチするとその月に簡単に移動出来るだけかと思います。
カレンダー自体を私の場合あまり使っていないので、こちらもあまり出番がないかもw

マップアプリ

img_3227
こちらは位置情報アイコン、その他マップ内の情報を表示させるアイコンが並んで来ます。
レストラン、カフェ、ホテル、映画館等のマークが表示されますので、どれかをタッチすると周辺の施設が表示され、更にTouch Barの表示が変わって、車で何分とかの情報がTouch Barに表示されます。

その他

img_3230
img_3231
ごみ箱に捨てる際等の選択肢が出る場合はその選択肢もTouch Barに表示されます。
まぁこの場合イチイチ選択しなくてもenter押せば住んでしまう話なんですけどねw

img_3235
あとは、Twitter等の絵文字が打てるアプリだと、絵文字一覧がTouch Barに並ぶので、それをスライドさせて選ぶ感じになります。

こんな感じで、賛否両論あるTouch Barですが、私的にはとても便利で楽しく使わせてもらっています。

システム環境設定→キーボードって進んで行って、コントロールストリップをカスタマイズを選択すれば自分好みの内容のTouch Barにも変更出来ます。
img_3232

img_3233

これから、どんどんTouch Bar対応アプリが出てくると、色々楽しくなりそうです。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です