Macbook Pro 15インチ Touch Bar モデル バッテリー駆動時間改善

私のケース

Macbook Pro 15インチ Touch Bar モデルを購入してから1周間以上経過しましたが、バッテリーの駆動時間が普通にネットを見たり、ブログを書いたりしているだけでも3時間ぐらいしか持たず悩んでいました。
今回あくまで私の単純なケースで改善したので、もし同じような方は参考にしてください。
まぁほとんどの方がこのぐらいやったと思いますが。。。

スポンサードリンク



約3時間しかバッテリー持たず

電源アダプターを挿さずに使用していると、ぐんぐんバッテリーが減っていくので使っていて気が気じゃなかったです。
いつもだいたい3時間ぐらいしか持たないので、とても持ち出して使う勇気が出ませんでした。
ネットでも同じような話題を目にしたので色々見てみると、GoogleChromeが消費率が激しいようなことを目にしたので、私もGoogleChromeを愛用していた為、一旦終了させてSafariを使ったりもしてみましたが、全然改善されませんでした。


こんな感じでバッテリー残75%の時点で残り2時間17分とか有り得ませんでした。

思い出したようにやったこと

以前まではWindowsを使っていたんですが、その時はパソコン使い終わると必ずシャットダウンしていました。
しかし、Macbook Pro 15インチ Touch Bar モデルを購入してからは、本当使いやすくて、液晶画面閉じただけで終了していて、使うときはまた液晶開いてTouch IDでロック解除って感じでお手軽に使用していました。
いわゆるスリープオンリーで使ってた訳です。

今回問題起きてもなかなか再起動ってことを思い出さなくて、スリープ状態のまま使い続けてました。。。
以前Windowsの時は何か調子悪くなったら、再起動でだいたい落ち着く傾向があったので、トラブルと良く再起動で改善したことを突然思い出して、そういえばMacでは全然再起動試してなかったなと。。。

でシステム終了して再起動してみたら、バッテリー駆動時間の問題もすんなり改善してしまいましたw

このようにバッテリー残73%の時点で残り7時間43分になりました。
こんなあっさり解決してしまいました。。。

私の場合はこんな単純なことになかなか気づけませんでしたが、他のケースの方もいると思いますので、あくまで私のケースとして参考になればと思います。

あっそれと、以前は使っていると本体がすごく熱くなっていたんですが、バッテリー駆動時間が改善されてから本体もほとんど熱を持たなくなりました。
その辺も何か関係があったのかもしれませんね。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です