Apple Watch Series 2 用アクセサリを買ってみた!

アクセサリを色々買ってみた!

今回はApple Watch Series 2 用のアクセサリを買ってみたのでレビューして行きたいと思います。
購入したのは、本体をガードするものと、ベルトになります。
ベルトは2種類購入したので、どちらも紹介したいと思います。

スポンサードリンク



購入した商品

【Spigen】 Apple Watch Series 2 / Apple Watch Series 1 ケース (42mm) ラギッド・アーマー [ 落下 衝撃 吸収 ]アップルウォッチ シリーズ 2 / シリーズ 1 対応 カバー 液晶保護フィルム 2枚入 (ブラック)
 

 

 

 

【Spigen】 Apple Watch Series 2 / Apple Watch Series 1 バンド, アップル ウォッチ 交換バンド 時計バンド ベルト (42mm) ラギッド・バンド (42mm, ブラック)
 

 

 

 

JETech Design Apple Watch ベルト 42mm ステンレス留め金製 (ブラック)

 

 

 

 

それぞれ開封してみました。

まずラキッドアーマーですが、単品状態だとこのような感じになっており、液晶保護フィルムが2枚付属されていました。
非常に軽く、質感も良い感じです。

まずは本体に取り付ける前にせっかく保護フィルムが付いていたので、一応貼り付けてみましたが、特に問題なく簡単に貼れました。
かなり薄っぺらいので、まぁおまけで付いていた程度と考えておいた方が良さそうです。
ラキッドアーマーを本体に取り付ける為に、まずは純正のバンドを外して、取り付けました。

次にベルトを開封してみましたが、単品はこのような感じです。
ちょっとカーボン柄っぽい部分もあって思っていたよりカッコ良かったです♪

ベルトとラキッドアーマーを取り付けると、やはり同じメーカーで揃えただけあって統一感もあり、カッコイイですねw
某○-SHOCKっぽくて良いんじゃないでしょうかw

スポンサードリンク



もう1種類のベルト
こちらも開封してみましたが、金属性のバンドになるので、中にはバンド単品とベルト調整用の工具が入っていました。

このベルト調整ですが、意外と簡単なのかと思ったら、付属で付いていた工具が安っぽくて、工具側の押出ピンが何回も折れてしまい、予備3本入っていましたが全て使ってしまいました。
私が不器用なのかもしれませんが。。。
まぁそれでもコツさえつかめば上手く外せるようになりましたが、丁度良い長さがなくて若干緩めの位置で良しとしました。
このベルトの場合は流石に本体のラキッドアーマーなしの方が見た目はかっこ良いと感じたので、付けずにベルトのみとしました。
装着するとこのようになります。

これまたカッコイイですw
どちらにするか、悩みましたが取り外しは非常に簡単に出来るので、まずは金属タイプのベルトで会社に付けて行きましたが、特に問題はありませんでした。
次はラキッドアーマーとベルトの組み合わせも使用して行く予定です。

Apple Watch Series 2 はこのように簡単に色々デザインを自分好みに交換出来るのも魅力のひとつではないでしょうか。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です